教育・実験・実習 ターボジェットエンジン

教育・実験・実習 ターボジェットエンジン
JETSETオリジナル JS-Merlin160ER をご紹介致します。

本製品は
小型高出力ターボジェットエンジンを用い、始動~運転~停止までのエンジン回転数、推力、排気温度に加え、追加したセンサーにより吸気部とエンジン内部の温度、圧力、そして燃料の流量等を確認運転する機器一式をまとめたジェットタービンエンジンテストベンチです。

1.装置概略仕様
本体外観寸法:W:372mm × D:198mm × H:257mm
重量:約8.89kg
電源:AC100V 50/ 60Hz
燃料:ケロシン(灯油)+タービンオイル3~5% 混合油

2.エンジン本体仕様
エンジン名称 :JETMUNT社製 Merlin160 ターボジェットエンジン
重量 :1870g(マウントバンド含む本体重量)
外形寸法 :φ111mm × 308mm
最大推力 :130N(113,000rpm時)
:170N(118,000rpm時)標準仕様
アイドリング推力 :7N(32,000rpm時)
最高回転数 :113,000rpm
:118,000rpm 標準仕様
最高排気温度 :550~850℃
燃料 :ケロシン(灯油)+タービンオイル5% 混合燃料
燃料消費量 :580cc/min
圧力比 :3.1:1
流入空気質量流量(Mass Flow):380g/sec

センサー計測範囲
推力:0~500N
回転数:0~200,000RPM
燃料消費量:0~2000ml/min
温度:0~1100度
圧力:+10~-10.00kPa
a0303219_14051434.jpg
a0303219_14142276.jpg
a0303219_14142204.jpg
a0303219_14142213.jpg

本製品の問い合わせはこちらから
jetset@jetsetj.com
072-224-3200

JETSET
590-0004
大阪府堺市堺区北清水町2-1-7









[PR]

by jetset-shop | 2015-10-29 14:15 | タービン

Avanti S FC 製作 スモークポンプ、タンク取付け

Krill-model(クリルモールド) ”Avanti S FC” 製作 
スモーク関係部品の取り付けの模様とFutaba新製品R7018SBのご紹介。

Merlin200XBLへスモークオイル吐出管の取付け
a0303219_16354083.jpg
a0303219_16354077.jpg
a0303219_16354019.jpg
スモークタンクの取付け位置
a0303219_16413294.jpg
標準の複合タンクの下へ設置してあります。
a0303219_16413360.jpg
エアーインテークから覗くとちょこっと見えます。
a0303219_16413378.jpg

バッテリーの取り付け位置
a0303219_16495441.jpg
a0303219_16495480.jpg

a0303219_16514871.jpg
スモークポンプの取り付け位置
a0303219_16584265.jpg
レシーバー、燃料ポンプ、ランディングギアコントロールユニット等もこの位置です。
本機のランディングギアは電動式で、制御はこのユニットが担います。
a0303219_16550597.jpg
Futabaの新レシーバーR7018SBです。
バッテリー2本接続可能、大電流をより長く供給でき、
SBUSサーボと従来のサーボを同時に使用できます
a0303219_16550458.jpg
以上です。

RCJET、JETヘリ製作のご用命はJETSETへ
TEL:072-224-3200 FAX:072-224-3201
590-0004
大阪府堺市堺区北清水町2-1-7







[PR]

by jetset-shop | 2015-10-16 17:12 | AvantiS